電気屋の本


  • ヤマダ電機の「PCDA」経営

    著者/編集: 得平司
    2000年9月の東京証券取引所第一部上場以来、11年間で急成長を遂げたヤマダ電機。売上は6倍、経常利益は13倍、店舗数は5.5倍に拡大した。この成長を支える独自のマネジメント手法を多角的に解明する。
  • ヤマダ電機の暴走 「年商3兆円構想」の果て

    著者/編集: 立石泰則
    今年、ヤマダ電機は年商2兆円を突破、家電量販業界では初の快挙だ。次の目標は年商3兆円、市場シェア30%という。大都市の中心部から郊外まで、47都道府県すべてへの出店を達成、3兆円のためにはさらに中国進出も決定。向かうところ敵なしのヤマダ電機だが、しかしその実情はどうなのか?その手法は果たして有効なのか?広範な取材をもとにヤマダ電機のかかえる問題を浮き彫りにする。
  • だからヤマダ電機で買いたくなる

    著者/編集: 片山修
    家電量販店売上2兆円強さの秘密に迫る!はじめて明かされるヤマダ電機最大の謎ー安くても利益の上がる驚異のビジネスモデルとは山田昇会長、一宮忠男社長をはじめ現場を動かす社員がその全容を語った。
  • ヤマダ電機の品格 No.1企業の激安哲学

    著者/編集: 立石泰則
    プロローグ 首都進出/1 負けず嫌い/2 対メーカー/3 「価格がすべて」/4 系列販売店と家電量販店/5 広島死闘篇/6 なんばのLABI1/7 ヘルパー問題/8 松下電器とヤマダ電機/9 コンプライアンス/エピローグ 誰のための激安なのか
  • アトム電器の秘密 量販店に負けない「町の電気店」の戦い方

    著者/編集: 立石泰則
    豊富な品ぞろえと低価格で市場を圧倒する「大型量販店」に押され、昔ながらの「町の電気屋さん」はもはや息たえだえ…ではなかった!地域店の利点を最大限に活かした独自のFC展開によって量販店に伍して戦っている「アトム電器チェーン」のユニークな手法のすべてを紹介。家電業界だけでなくすべての流通業に通じる、これからの小売市場の新しい可能性が見えてきた。
  • マンガde主婦にもできる家電製品の修理 わたし,町の電気屋さん開業しちゃいます!

    全国の町の電気屋さんは淘汰されることもなく、元気に営業活動に励んでいます。新装オープンした量販店のすぐそばにあっても、立派に営業しています。 アフターケア(修理)を商品と共に販売する町の電気屋さんの奮闘ぶりを、修理の手順と併せて紹介しています。
  • まちの電気屋さん

    著者: CJ Michalski
    「電気屋さーん!!助けて」 家業の小さな電気屋さんを手伝う哲也のもとに、ある日飛び込んできたのはかわいい双子の少年たち。閉店を理由にすげなく門前払いをくらわそうとするものの、遅れてやってきた彼らの兄の良治を一目見るや否や、逆にガツンとハートに一発くらってしまい…それ以来、ことあるごとに良治一家の世話を焼こうとする哲也だったが、なにやら迷惑そうな空気を出される始末で…オ、オレ、もしかして嫌われてる?はたして、ガテンな純情の運命やいかに!?ピュア&ハートウォーミングな魅力炸裂の表題シリーズ2話他、ハッピー感満点の傑作ストーリーを収録!!コミックス限定描き下ろしも必見!!